グラフィックデザイン通信講座

最短でグラフィックデザイナーになるには?

●最短でグラフィックデザイナーになるには? 

最短でグラフィックデザイナー・WEBデザイナーのスキルを身につけるには、下記のようなオンラインスクールを利用することで最短4週間で、実用的なスキルを学ぶことができます。自宅でしっかり学ぶには最適なスクールです。また、学生さんには、ものすごくリーズナブルな価格設定なので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。もちろん社会人の方にもおおすすめです。公式ページのサイトがとても美しく、このようなデザインを見るだけでも参考になると思います。





学生さんがグラフィックデザイナーになるには、大学や専門学校で勉強をして就職活動をすることが一般的な方法です。

ただし、卒業までに2年〜4年の期間を要するだけでなく、学校での勉強やシュミレーションを数多くこなすよりも、実際の現場で1つの作品づくりに関わる方がグラフィックデザイナーとしていち早く一人前になることができるという現実があります。

現場の作品作りにおいて、さらに実質的なスキルを現役のプロにマンツーマンでしっかりと学びたいというニーズにも応えられる上記のようなオンラインスクールが人気なのですね。


このほか、学生ではなく、他業種から転職してグラフィックデザイナーになっている人たちが大勢います。

転職する人に向けに夜間の専門学校のグラフィックデザイナーコースがありますが、期間は3〜4ヶ月間で、デザインの基礎知識やIllustrator・Photoshop・DTPの操作の仕方とテクニック、商業デザインに関するビジュアルコミュニケーション論など必要最小限の勉強をすることが可能です。

会社からの求人も紹介してもらえるので、制作したデザイン作品を担当者に気に入ってもらうことができれば、4ヶ月〜6ヶ月程度の期間でグラフィックデザイナーとして就職することができます。

専門学校に通う費用を抑えたい人は、Illustrator・Photoshopのクリエイター検定や、DTP検定、Webデザイナー検定などのグラフィックデザインに関する資格の勉強を通信教育の講座を通して行うことで、必要な知識や技術を取得することができるだけでなく、資格が就職の武器にもなります。

どれも2〜3ヶ月みっちり勉強することで資格の受験に必要な知識が身につきます。

通信教育は、まずは無料の資料請求でどのようなものかチェック出来ます。
こちらからヒューマンアカデミーの各種講座の無料資料請求ができます。↓

DTP/グラフィックデザイン講座
Webデザイナー講座

試験日は各地で随時行われているので、4ヶ月程度あれば資格を取得することができ、そこから就職活動を行うと、6ヶ月以内にはグラフィックデザイナーへの道が開けるでしょう。


グラフィックデザイン通信講座